2020年11月01日

Linux シェルスクリプト メモ

ファイル一覧表示(ls -lのエイリアス)
ll
SSHで接続(秘密鍵あり)
ssh -i secret.pem user@remoteHost
ローカルからリモートにコピー(ファイル送信)
scp -i secret.pem ~/test.txt user@remoteHost:/tmp/
リモートからローカルにコピー(ファイル受信)
scp -i secret.pem user@remoteHost:/tmp/test.txt ~/
tgzファイル展開
tar -xzvf sample.tgz
ターミナル切ってもプロセス続行(jmeterの例)
nohup jmeter/bin/jmeter -n -t jmeter_test.jmx -l jmeter_log.jtl > log.log &
zip圧縮(サブディレクトリも含める)
zip -r archivename ./directoryname
権限変更(整数で指定)
chmod 777 targer.txt
権限変更(個別に指定。所有者がu、グループがg、その他ユーザーはo。rwxを+-で指定。)
chmod o-x targer.txt
所有者とグループの変更(-Rオプションでディレクトリ配下を再帰的に変更)
chown root:root targer
ディレクトリの使用量を表示
du -h ~/
ディスクの空き領域を表示
df -h
メモリの利用状況を表示
free -h
プロセスを確認
ps auw | grep name
ファイルの終端行を表示
tail -n 50 test.txt
ファイルの先頭行を表示
head -n 50 test.txt
cronの表示
crontab -l
ファイルの検索
find ./ -name targetword
posted by Hiro at 11:51| Comment(0) | プログラム